ウソのつきかた

みなさん、ウソをついたことはありますか?
まぁ世の中の99%の人は大なり小なりウソをついたことがあると思います。

そして、そのウソがバレて痛い目にあった人も少なくないはずです。
特に男性。
では、女性のウソはなぜ見破りにくいのでしょう?

さて、ウソをつくときですが、男性と女性でウソのつきかたが違うのをご存知ですか?
もちろん、例外の人もいるとは思いますが、一般論でいうと違うのです。

そのウソのつきかたの違いは、実は脳の構造が違いから来ているのです。

ウソをつくとき、
男性は目をそらしてしまいます。
女性は相手の目をみてそらしません。

ここがポイント。

つまり、男性はもともと女性と比べるとアイコンタクトの時間が短いです。
相手をジッと見ながら話すことを苦手としています。

そして、女性はその逆。
相手の目をジッと見て話す人が多いのです。

これは脳の仕組みの違いなので仕方ありません。
そして、一般的にやましいことがあると目をそらすなんて言われています。
この一般論、男性にとってはつらいです。

つまり、男性はウソを見破られやすい脳の仕組みを持っているのです。
そして、女性はウソを見破られにくい脳の仕組みを持っています。

この脳の仕組みを知っていれば、ウソがばれそうになり、決定的な証拠がないとき、
相手の目を見て難を逃れるなんてことができるかもしれません。

しかし、みなさん、できるだけウソはつかない方がいいですよ!
タグ:ウソ
この記事へのコメント
韓国はこうやって文化の面から日本を侵略しようとしてると思うんだよね。
Posted by 前田敦子 ブログ at 2013年06月13日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104988497

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。