軽油とガソリンの違いは?

ほとんどのガソリンスタンドにはレギュラーガソリンハイオクガソリン軽油の3つの表示があります。
軽油ガソリンとの違いはなんでしょう?

軽油はディーゼルエンジンの燃料ということはご存じでしょう。
軽油ガソリンも同じ石油から生まれているのですが、何が違うかまではなかなか知られていません。

ガソリン軽油も元は同じ石油です。
製法に関しても、石油に含まれているガスやワックスなどの成分を分離させるため加熱し、蒸留して作られているのでガソリンと同じです。
その違いは、蒸留時の採取温度にあります。

簡単に説明すると、ガソリンは石油を熱していった際、30℃から230℃の間で発生する蒸気を採取して作られるのに対し、軽油は140℃から380℃で発生する蒸気から採取されるのです。
つまり、より低い温度で蒸発するのがガソリンで、ゆえに常温常圧でも良く燃えるわけです。
対して軽油はより高温高圧の場合に良く燃える、という特性をもつことになります。

ちなみに、軽油は高温高圧での優れた特性(高圧力をかけての燃焼が可能なため燃焼効率、燃費ともに向上するなど)に対し、低温に弱いと言われています。

つまり、ある温度以下になると凍ってしうのです。
そのため、あまり知られていないですが、季節ごとに販売される軽油の成分は微妙に替えられています。
その種類はなんと5種類exclamation×2冬は凍りにくく、夏は熱くなりすぎない、それぞれの季節にぴったりの軽油が販売されています。
このような特性的な理由から、冬場にスキーに行く場合はなるべく現地(寒いエリア)で給油をするのがいいと言えます。

もう一つ軽油に関して覚えておきたいのが「セタン価」という言葉です。ガソリンで言うオクタン価と同じ意味をもちます。
セタン価が高いと、着火しやすく始動性が良くなる、排気ガスがきれい、馬力や燃費が向上、静粛性が高くなるなどの効果があります。
市販されている軽油の平均的なセタン価は53〜55です。
一部の会社ではここに目を付け、ガソリンレギュラーハイオクがあるように、セタン価を少し高めに設定したものを、プレミアム軽油として販売している場合もあります。

軽油ガソリンは同じ石油製品ですが、特性が異なります。
だから間違ってもガソリンエンジン車に軽油、ディーゼルエンジン車にガソリンなどは入れないように。
エンジンを壊す原因になってしまいます。
この記事へのコメント
パクらないで下さい。
Posted by カーセンサー at 2012年04月12日 12:58
ひどいパクリだな
Posted by 石油豆知識 at 2013年01月21日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。