レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いは?




軽油とガソリンの違いは書きました。

詳しくはこちら→軽油とガソリンの違いは?

では、同じガソリンでもレギュラーハイオクは何が違うのでしょうか?

レギュラーハイオクの違いは『オクタン価』と言う数値の差です。
さて、『オクタン価』の正体の前に、よいガソリンとは何か、ということについて考えましょう。

ガソリンの役目は、安定した出力を供給することです。
ガソリンが原因でエンジンの点火系統に異常が起こってはいけません。
そして、実はそのガソリンの良し悪し、つまりいかに安定して燃えるか、ということを指標化したのが『オクタン価』と呼ばれる数値なのです。

具体的には、『耐ノッキング性能』すなわちノッキングの起こりにくさを数値化したものなのです。
ノッキングとは、燃料の異常燃焼を引き起こす度合いを表します。
適切に燃焼が行われないと、エンジンにダメージを与え、走りに悪影響を及ぼすことになります。
こうした状況をいかに減らすかがガソリンに求められるクオリティです。
オクタン価が高い(ハイオクタン)ガソリンほどノッキングを起こしにくいのです。

ハイオクガソリンの場合、オクタン価は96以上なければならないという決まりがあります。スタンドで販売されているものは98〜100のものがほとんどで、なかなか高性能といえるでしょう。レギュラーの場合オクタン価は90から96ということが多いです。

さて、オクタン価の正体は分かりましたが、『オクタン』とは一体何なのでしょうか。

オクタンはガソリンに実際に含まれる物質です。
炭素と水素の化合物、すなわち炭化水素であり、化学式はC8H18になります。
化学式からも極めて燃焼しやすい物質であることが容易に理解できます。

そして、オクタンの価はガソリン中に含まれる『イソオクタン』を基準としています。
イソオクタンは安定して燃焼するため、ガソリンに含まれる割合は大きい方がよいです。
逆に、耐ノッキング性能の低いオクタン系の物質もあり、それらがガソリン中に含まれているとオクタン価は下がってします。

ハイオクガソリンのオクタン価が100前後であることは前述しました。
ではレギュラーガソリン車にハイオクを入れたら性能や燃費は向上するのでしょうか?

これは、一概に言える問題ではありません。
基本的に、レギュラー車はレギュラーガソリンを入れた時に最適のパフォーマンスを発揮するよう設計されています。
そのため、ハイオクを入れても性能が上がるどころか、調子が悪くなり燃費が下がってしまう可能性のほうが高いといえます。
しかし、排気量の大きい車など、一部の車種ではハイオクを入れると燃費が上がるということもあり得ます。
実際、ENEOSヴィーゴなどはレギュラー車にハイオクを入れても問題ない、という見解を出しています。(ただし、これは洗浄剤、摩擦調整剤がレギュラー車にも効用があるということであり、燃費が向上するかどうかは疑わしいのですが・・・)

逆に、ハイオク仕様車にレギュラーを入れたらどうなるのでしょう?
実は、よほど古い車でない限り、ハイオク車にレギュラーを入れた時の点火セッティングがコンピューターに組み込まれており、実害はないようになっています。
レギュラーを入れるのは「想定済み」なのです。 しかし、もちろんハイオクを使った時と比べて燃費は悪化します。

当然ながら、ハイオク車にしろレギュラー車にしろ、指定燃料を入れておくのが無難、というのが一般的な見方のようです。
この記事へのコメント
小生も愛車トヨタヴィッツ1300U-L・2004年式にハイオクガソリン(銘柄:エネオス・ヴィーゴ)を入れてみた所、レギュラーガソリンを入れていた時と比べ、平均燃費は17.4km/lから14.2km/lに落ちてしまいました。因みに条件は両方とも100-140km/hを維持しての高速巡航で全く共通です。
さらに、エンジンのレスポンスもレギュラー使用時のグンと来るトルク感が失われて瞬間毎の加速感が緩慢になってしまったという副産物も確認しました!
こうして、ハイオクガソリンはレギュラーガソリンに比べて燃えにくいガソリンであること、殊にレギュラー仕様車にハイオクを入れた所で燃えかすが残って燃焼効率が落ち、レスポンス・燃費共に低下するということが証拠付けられました。
要は点火時期がハイオク用に設定されていない限りハイオクガソリンはパワー・燃費ともにメリット無しということですが事実計測データとしてもヴィッツの場合、レギュラー使用時にはエンジン出力100.9ps/駆動輪出力79.8ps/最大トルク15.8kgmなのに対しハイオク使用時にはそれぞれ100.8ps/73.8ps/14.9kgmと悪化してしまいました。
Posted by 真鍋清 at 2009年12月14日 23:21
レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いは?:雑学の広場 tiffany and co japan http://www.tiffanyearthjp.biz/
Posted by tiffany and co japan at 2013年07月19日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41796158

この記事へのトラックバック


Excerpt: オクタン価オクタン価(―か)とは、ガソリンのガソリンエンジン|エンジン内でのノッキングの起こりにくさ(耐ノック性・アンチノック性)を示す数値である。オクタン価が高いほどノッキングが起こりにくい。アンチ..
Weblog: 燃料関連説明ETC
Tracked: 2007-10-03 11:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。