ハットトリックの由来




サッカーで1試合に同じ選手が3点取ることを『ハットトリック』といいます。
この『ハットトリック』の由来はなんでしょう?


『ハットトリック』は野球のルーツとされるクリケットというスポーツに由来します。
クリケットはイギリスの国技とも言われるスポーツです。
クリケットは気の長いスポーツで、4〜5日もかけて試合が行われることもあるとか。
最近は数時間で終わるようなルールもできてきました。

話を戻すと、このクリケットで投手が3人連続でアウトにすることを『ハットトリック』といいます。
数日にも及ぶような試合でアウトをとることは非常に難しく、達成した投手には名誉とともに帽子(ハット)を贈る風習があったことに由来するようです。

その後、サッカーでも言葉だけ使われるようになったということです。
ちなみに、クリケットの競技人数は通常11人。
サッカーも11人。偶然の一致でしょうけどね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42557988

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。