ラーメンの由来




いまや日本の代表的な料理となったラーメン。
そのラーメンは一体いつから日本に登場したのでしょう?
また、ラーメンという名前はどこからついたのでしょう?


◆まず、ラーメンの歴史から。
ラーメンが日本に伝わったのは大正時代。
意外と最近なんです。
それまでのうどん・そばとは異なるめん類が、中国から横浜に伝わりました。
そば粉が入っているわけでもないのに『中華そば』と呼ばれ、日本人好みの独自の味に作り替えられていきました。
こうして庶民に親しまれていったのです。
そしてこの『中華そば』が徐々に『ラーメン』と呼ばれはじめます。そしてこの後、現在に至るまで日本全国に特色ある味がどんどん誕生しているのです。


◆次に『ラーメン』の名前の由来について。
『ラーメン』と呼ばれるようになった起源は、明らかではありません。
その数多くある説の一部をご紹介します。

@「拉麺」(ラーミェン)
中国語で手で引き伸ばしてめんを作る技法を「拉麺・ラーミェン」といいます。
これが変化して『ラーメン』と呼ばれるようになったという説。

A「老麺」(ラオシェン)
中国語で「そば」の意味の「老麺・ラオシェン」が変化したという説。

B「柳麺」(ラオミン)
大正時代、浅草の中華そば屋の屋号であった「柳麺・ラオミン」がなまって『ラーメン』と変化したという説。

C「ラー麺」
大正初期、札幌北大前の竹屋食堂にひとりの中国人コックがいました。
いつも「ラー!」「ラー!」(「はい!」という意味)と返事をしていたことから、そのコックの作るめんを「ラー・メン」と名付けたという説。

D「好了」(ハオラー)
1922年(大正11年)、竹家食堂の店員の「好了(ハオラー=できたよ)」と言う言葉がヒントになったという説。

色々ありますが@が本命でしょうか。
C、Dはちょっと胡散臭いですねわーい(嬉しい顔)
この記事へのコメント
Posted by @@; at 2007年12月13日 20:36
ラーメン大好きなのでいろいろ知れてよかったです^^
もっといろいろと書いてくれると学校の、宿題なので、いいですね。
Posted by ラーメン at 2010年02月28日 20:38
わたしは、1番がぶなんだとおもいます。
Posted by らぶ at 2010年02月28日 20:42
私が知る「ラーメン」の語源

日本の国民食になったラーメンですが私が子供の頃は「中華そば」でした。

子供の頃父親に連れられて行った今や全国的になった尾道のラーメン屋? 朱華園
http://www.urban.ne.jp/home/komatuya/syukaen.htm
ですが創業者の先代の店主にラーメンを注文したら「うちにはラーメンは売っていない」と怒られていました。
理由は、生麺使用で作る時に茹でるのと最初から辛味を増す為にラー油を加えていると力説せれていた。

ラー油は唐辛子がメインの薬味で抽出された物で、当時は油肉の脂で脂が濃く甘味が強く好みによって唐辛子を加えていました。

中国から伝わったラーメンは唐辛子が多く辛いのが特徴だったが日本人好みに甘みを増せるため油肉で出汁を取った物が主流となっていました。

当時日清のインスタントラーメン「チキンラーメン」が発売されて誰でも簡単に作れる事で爆発的に売れた頃で「ラーメン」と言う言葉が定着されたのだと思います。

ラーメン 基本的に工場出荷時に茹麺で薬味としてラー油が使われている。

好みによって自分で加える事で味の調整が出来るのが受けている様です。
唐辛子の粉砕した物より出汁に馴染みやすいのも理由のようです。


★真偽は定かでないですが先代の店主が「ラーメン」と注文したら出してくれなかった理由を子供ながら説得された事が今でも頭に残っています。

現在の朱華園では万人受けする味にすっかり変わりラーメンで注文しても当然出て来ますがメニューには中華そばとなっており昔の脂っこい味は姿がありません。
昔ファンだった地元の人は私を含め誰も食べに行きません。
どこでもある尾道ラーメンとの違いが感じられないからです。ただ少し平らな生麺は変わっていませんが。
余りにも有名になり過ぎて土日祭日には長蛇の列になるのは観光客のみです。
平日は昼でも待つ事は殆ど無いくらい空いています。
完璧に知名度だけが1人歩きしています。

あくまでも個人的記憶に寄るもので50年以上の昔の話で真偽は解りません。
失礼しました。
Posted by たく at 2015年05月14日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44034797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。