当選確実の仕組み

選挙番組などを見ていると、開票率0%にもかかわらず『当選確実』が出たりします。
この『投票確実』とは一体なんなのでしょうか?


選挙というもは、投票の数により当選、落選が決まります。
これは当たり前のことですが、ただこの開票結果を待って放送していたら、開票の間、手持ち無沙汰になってしまうでしょう。
なので、開票結果以外に番組独自で調査を行い、開票率が100%になる前に『当選』を予想するのです。
そして、その予想により『当選』間違いないだろうとされる候補者に対し、『当選確実』が出るのです。

『当選確実』は、あくまで予想のため、100%信頼できるわけではありませんが、ほぼ100%正しいといえるでしょう。
万が一、誤った『当選確実』を出してしまった場合、テレビ局では責任者の更迭人事をとっています。

それでは、その『当選確実』の根拠となる調査はどのような方法があるのでしょう?
最も有名なものが『出口調査』です。

『出口調査』とは、選挙結果を事前に予測するため、投票所の出口で投票した人に直接、投票行動を尋ねて調べることをいいます。
これにより精度の高い選挙結果の予測ができます。
日本の大型国政選挙では全国で数十万人を対象に実施されるとも言われています。

この『出口調査』の他にも、マスコミ各社は色々な方法をとっています。
1つは、各選挙区における立候補者の知名度や実績、地盤や組織票の強さ・各区における支持政党の傾向などを投票前のアンケートや経験則から知り、利用します。

他には開票作業所の取材が挙げられます。

開票作業はまず、投票箱をいったん開けて、候補者別におおむね山分けした後、数え始めます。
そして何度も何度も確認して間違いがないと分かった数だけ、『開票済み』として発表します。

そのため、開票率0%であっても、各開票所では、かなり作業が進んでいるのです。
つまり、開票率0%でも、候補者別に分けられた山(束)を見れば、大まかな予想はつくのです。
マスコミ記者は、遠くから双眼鏡でその山を確認し、山の大きさから当選者を予想します。
事前の世論調査や当日の出口調査以外に、開票所の取材も大きくものを言うのです。
この記事へのコメント
この『投票確実』とは一体なんなのでしょうか? ↑
Posted by at 2012年12月16日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49832539

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。